転職

いいところゼロのくそ企業での仕事が辛い。仕事を変えるべき理由。

困っている人

給料が安い上に、仕事自体面白くもない。

残業まみれで、自分の時間がとれず、さらに、上司に尊敬できる人もいない。

 

まるでいいところがない今の会社をとっとと辞めたいけど、踏ん切りがつかない。

 

自分もブラック企業に就労している時はよくそんなこと考えていました。

そんな過去の自分に向けて言いたいのは

 

「とっとと辞めろ!」

 

これだけです。

 

今思うと、辞めずに自分に合わない会社にいた時間は本当に時間の無駄でした。

 

少し口が悪いですが、くそ企業、いわゆるブラック企業って、相手の時間や思考する時間自体を奪うことによって成り立っているんですよね。

 

私も、結構古風な性格だったので、

 

  • 簡単に会社を辞めるのはよくない。
  • 石の上にも3年。
  • 新卒で就職した会社に骨を埋める。

 

とか当時は本気で考えてました。

 

  • 皆さんは同じ職場で勤め続けること。
  • 転職すること。

 

それぞれについてどんな考え方をお持ちですか?

 

社会人経験10年、転職経験3回の私が、今までの社会人生活で得た経験から話をしてみます。

 

少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 

いいところゼロのくそ企業での仕事が辛い。仕事を変えるべき理由。

仕事を辞めるというのは、自分の価値を把握するチャンス

上司に言ってやりましょう。

 

こんな企業辞めてやると。

 

そこで上司が慌てふためいたら、あなたの勝ちです。

あなたに辞められたら困るってことですね。

 

それは、あなたを評価する会社が他に多く存在するということを意味してます。

 

一方、上司が慌てふためかなくても、あなたを評価する会社はある場合があります。

 

私も3回転職していますが、勤める企業・部署によって評価が180度変わっています。

 

 

結局、上司の妬みなんかで評価されないことも多くあると思うんですよね。

 

人の評価なんて、気分で決まっている部分もあります。

 

 

そんな時に、上司に辞めてやる!!といったらどうなるか。

 

もちろん会社次第ですが

 

あなたがしっかり仕事をしている人であれば、会社が辞めさせませんよ。

 

 

上司との相性が悪ければ、部署移動とかさせてくれると思います。

 

私も以前会社を辞める時、営業統括に

 

「え?あいつ辞めんの?うちの部署に欲しいんだけど。。」

 

といわれていたそうです。(給料アップなどの提示はありませんでしたが。)

 

 

零細企業勤めの知り合いなんかは年収アップを提示されていた人もいました。

 

 

職場環境や給料が原因なら多少は改善するかもしれません。

 

ただ、世の中の会社員は、くそ企業だと思っていても具体的な行動をして抜け出せない人が多いんですよね。

 

自分の頭で考えて行動しようと考えている時点で、周りの人間とは違います。

 

昔は終身雇用が当たり前だったらしいですし、今でも日本の古風な会社は勤続年数が長い社員を評価します。

 

私も転職の度にエージェントに話をしてきましたが、転職回数が多いということが選考につながりにくいという話も何度も言われてきました。

 

でも、変化の激しい現代では、一つの会社に勤めあげることのリスクは極めて高くなってきているでしょう。

 

会社は守ってくれません。

 

私が今まで務めてきた企業では社員はただの駒でした。

 

上層部の都合が悪くなると、簡単に首になる場合も多いです。

 

また、会社から評価される人材は

 

  • 長く勤務している
  • 会社内の人間関係
  • その会社でだけ評価される仕事をしている

 

こんな理由で高い給料をもらっている人が多いと思います。

 

あなたの会社のくそ上司もこんな感じじゃないですか?

 

こんな奴は、一歩会社の外に出れば評価されない、いわゆる市場価値の低い人材です。

だんだんとその環境に慣れてきて、仕事にも変化がなくなってくると、保身に走り、会社のための仕事をするようになる奴が多いです。

 

転職するもリスク、されど残るもリスク

転職するのは確かにリスクがあります。

でも、リスクをとれるのは若いうちだけなんです

 

 

今の会社でやっている仕事が、他の会社でも通用するなんてのは思い込みです。

 

長い間一つの会社に勤務してプライドが育ってきたら、最悪ですね。

 

自分は今の仕事で成果を出しているから最低でも同水準の年収でしか転職はしない。

 

こんな風に考えて転職エージェントに登録したものの、年収ダウンを受け入れないと転職先がない。

 

そんな事実に気づいた時、結局転職できなくなってしまうと思いますよ。

 

 

 

また、これは私の個人的な意見ですが

 

 

一つの職場に残り続けている人ほどスキルがないです。

 

 

年取った時に首にされたら、他の職場ではやっていけない人が多いと思っています。

 

若いうちは仕事を辞めても結構どうにかなります。

特に少子高齢化で若手人材の希少性は高まってます。

 

視野を広げる、自分に適した環境を探すということは若いうちに必ずしておいたほうがいいです。

 

優秀な人ほど、苦手なことや嫌いなことなどなんでもできてしまう傾向があるんですが、これは本当によくない。

 

 

自分の事みくびってませんか?

 

 

私は、もともと自分にそこまで自信がありませんでしたが、転職を重ねていくうちに、多くのスキルが身に付き、自身がついてきた口です。

 

今では仕事で周りの人間に負ける気がしません。

 

一つの職場に残り続けていたら今頃どうなっていたか。。

自分の好きなことを探していくことが仕事の成果につながり、結果として自分に帰ってくるんです。

 

職場内異動とかも限界がある。

上記で、上司に職場を辞めるというと異動させてくれるかもしれないとお話しました。

 

でも、私が複数の会社を経験した思ったのは、

 

日本の会社は似たようなやつが集まっている。ということです。

 

類は友を呼ぶといいますか。

 

 

従って、呆れた人間性の上司が複数いる職場は、よっぽどの大企業でない限り、似たような奴が残り続ける印象があります。

 

基本的に他人は変えられません。

 

変えられるのは自分だけ。

 

これは心にとめておきましょう。

 

転職するにしても気を付けておきたいこと。

辞め癖はつけるな。

 

これは自分にも当てはまっていることだと思うのですが、例えば人間関係がうまくいかないからと転職を繰り返す人はドツボにハマる可能性が高いです。

 

自分が変わることで、改善できる部分がないか考えてみましょう。

 

  • 自分は仕事ができないけど、上司は仕事ができ、多くの報酬をもらっている→仕事を頑張ってみる。
  • 人間関係が上手くいかず、ストレスが溜まる→人間関係を改善する方法を考えてみる。
  • 仕事がつまらない→仕事を面白くするために自分なりの工夫をしてみる。

 

あわせて読みたい
業務を超効率化し、定時になった瞬間に帰宅する方法

続きを見る

 

そして、それを実行することが大事です。

 

これができれば、転職活動でもしっかり転職理由を話せますし、問題が解決すれば転職活動で疲弊する必要もなくなるからです。

また、飽きて仕事を変えたいと思っている人にも言いたいことなんですが、

 

仕事はきっちりやり切ってから辞めること。

をおすすめします。

 

自分の自信につながりますし、中途半端な状態で転職すると、ポータブルスキルも身に付きません。

 

ただし、当然例外のケースもあります。

 

皆さんの職場もこれに近い感じかもしれません。

 

私の就職先を例に出してみます。

 

私の場合、最初に勤務した企業は東証一部上場の不動産仲介会社でしたが、超ド級のブラック企業でした。

 

  • 1日15時間労働の週6勤務
  • 罵声・罵倒の嵐
  • 顧客のリストを盗まれる
  • 契約自体をはく奪される
  • 契約をはく奪された上で、統括部の会議で吊し上げ

 

皆さん、震えあがっていませんか?

 

これは、本当にあった怖い話

本怖クラブです(わかる人いるかな笑)

 

こんな会社の場合は、心身を壊してしまう可能性もあるので、早めに退職しましょう。

 

以下の記事でも似たようなこと言ってます。

 

あわせて読みたい
仕事から逃げたいと思ったら逃げたほうが良いたった一つの理由

続きを見る

 

自殺する人が自殺してしまう理由は、何も考えられなくなっていたからなんです。

 

こんな企業でも楽しそうに働いている人もいますし、結果を出して、上司との関係もいいという人もいます。

 

ただ、個人的にはこんな感じのモノホンのブラック企業であれば、改善できるかどうかなど考える必要はありません。

辞めてしまうのをおすすめします。

 

自分が会社を辞めるのが甘えなのか否かは、周りの離職率や就労環境も考慮してからです。

こんな会社に長く勤務している人はケンシロウかなんかだと思って下さい。

 

転職先にも同じようなリスクはある。

転職する場合は、今の会社で起きているような不満の原因が転職先にないか、予め想定したほうがよいと思っています。

 

どこの会社も100点満点の会社はないからです

 

自分の不満をまずリストアップしてみて下さい。

 

そしてその中で自分が絶対に譲れないもの。

これを決めて下さい。

 

私は各段階で転職する際に求めていたものが異なるのですが、現在の就職先に転職する際は、以下の条件を実際に設定して転職活動を行っていました。

 

  • 自分の性格を正直に話して、自分を受け入れてくれる会社を選ぶ(猫を被らない)。
  • 休みがちゃんととれる。
  • 勤務地

 

結果的に、呆れた上司のしりぬぐいをしたり、つまらない仕事もしなければならないというデメリットもありましたが、転職の目的は概ね達成できています。

 

 

転職先では自分の求めているものが満たせるか否か、と事前にリサーチすることも大事です。

 

あわせて読みたい
火の無い所に煙は立たない。転職前に確認すべき転職情報サイト!!!

続きを見る

 

自分の求めているものが分からない人、客観的に自分を見ることが難しいという人は、ミイダスというサイトを利用してみて下さい。

 

転職サイトなんですが、適性診断が秀逸です。

 

自分の性格や適性などとあわせて、自分にあった仕事を見つける手掛かりになるでしょう。

自分の嫌なこと、得意なことが客観的にわかるので、転職で失敗する確率がぐんと減ります。

 

登録・利用も永年無料ですし、特に面倒なことはありません。

 

>>ミイダスで適正診断を体験

 

すぐに辞めろといいましたが、転職先が見つかってからやめましょう

すぐに辞めろとはいいましたが、当然退職すれば金銭的な余裕もなくなり、転職先から条件面で買いたたかれます。

 

先に転職の内定をもらってから行動しましょう。

 

社会不適合者にもあう環境は必ずあります。

正直、世の中いろんな人がいて、みんな価値観は違います。

 

でも、日本人って、なかなか相手と異なる意見を受け入れることができず、金太郎飴みたいな人が多いんですよね。

私はどちらかというと社会不適合者かもしれません。

 

  • 相手にあわせて自分の意見を押し殺したり
  • 意味のない作業をすることが嫌だったり
  • 上司を持ち上げるのが苦手だったり

 

結構アメリカンな性格だと感じています笑。

 

自分は士業なんですが、士業の仕事をしている人って、結構変わった人が多いですね。

他にも、フリーランスやってる友達や、自由に生きている人は自分と似た人が多いなーと感じます。

 

普通の会社に勤務するのが苦しい人は、変り者が多い業界を狙ってみるのもいいかもしれませんね。

 

自分にあった生きやすい環境は行動することで手に入れることが可能です。

 

私もどんどん自分を変えるためにチャレンジしていきます。

皆さんも一緒に頑張っていきましょう。

 

人気記事転職に失敗しないコツとおすすめの転職エージェント3選

人気記事想定年収は本当?ミイダスの口コミ・評判の真実とうまく使うためのコツ!

 

 

  • この記事を書いた人

タイガ

真っ白に燃え尽きるまでやります!!!挑戦→継続→改善、挑戦→継続→改善、たまに休憩。本業(ビジネス・不動産)、副業について呟きます!!反骨の化身。不動産コンサルタント 不動産鑑定士 宅地建物取引士 不動産仲介営業→不動産鑑定会社 ロック好き、子供好き。

-転職
-

© 2020 liberty-play Powered by AFFINGER5