転職

私の体験から、あなたが本当に今の仕事に向いていないのかを考えた。

仕事がうまくいかない人
仕事が向いていないと思ってる。

でも、自分に本当に向いている仕事が何かわからない。

 

何をやっていいのかわからず、毎日いやいやながら通勤している。

 

こんな疑問に、社会人経験10年、転職回数3回の私がお答え致します

 

私も昔は皆さんと同じように考えていました。

 

  • 仕事で理不尽に怒られる。
  • 無理難題を突き付けられ、罵声を浴びる。
  • 上司にお前は向いていないといわれる。

 

こんなことが繰り返されていると、いつの間にか自分自身が仕事に向いていないような気になってくるんです。

 

でも、それって本当でしょうか?

 

自分が仕事に向いているかどうかって、他人が決めることじゃないと思うんです。

私も過去に3度転職していますが、過去にいろんなひどいことをいわれたものです。

 

でも大丈夫。

何年も悩み続けた私が、本当にあなたが今の仕事に向いていないのかどうか

自分で判断するための基準を体験談からお伝えしたいと考えています。

 

 

私が転職3回、社会人生活10を経て体験した「できない」・「向いていない」の真実

始めたばっかりのことは誰でもうまくいかないもの。失敗は当たり前。

もしかしてこの記事をご覧になられている方は、新卒で入社して間もない人。

又は入社後1年も経っていない人もいるのではないでしょうか?

 

近年では、若い人を中心に「嫌な仕事はすぐにやめていい」という人が増えていると思います。

 

  • 自分にはやりたいことが他にある。
  • 直感的に「この仕事自分に絶対向いてない」と感じた。

 

このような人は、すぐに辞めてもいいと思います。

 

でも、それ以外の人は、辞めてどうするのでしょうか。

仕事は新しいことをやると必ず失敗があります。

 

私も3回転職してきました。

ただ、その度に新しいチャレンジをしては失敗して、チャレンジをしては失敗してを繰り返してきました。

 

ただ、社会人経験が積みあがってきた結果、年々図太くなっていき、失敗を恐れなくなった。

 

  • 失敗は当たり前。
  • 失敗したらそのあとどうするか。

 

こんなことを常に考えるようになってきました。

社会人経験が積みあがった結果、意識が変化してきたのです。

 

因みに地頭の良さと仕事の相関はそこまで強くないと思っています。

以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
頭が悪い人は仕事もできない!?仕事の出来不出来と地頭の関係。

続きを見る

 

天性の職業にいきなり出会えた人は幸せものです。

失敗もせず、常に楽しい生活を送っている人もいるかもしれません。

 

でも、そんな人はあまり見たことがないです。

 

石の上に3年とはいいませんが、少し続けてみて小さな成功を積み上げてみることをおススメしています。

きっと、見える世界が劇的に変化すると思っています。

 

また、最初は無理難題と感じることであっても、仕事をこなしていくと簡単にできるまでに成長している自分がいることに気づきます。

 

好き嫌いも関係あるけど、できるようになれば好きになる可能性もある。

私は部活でバレーボールや剣道といったスポーツをしていました。

部活も最初はできないんですよね。

 

  • 試合にも出れなかったり
  • 練習も基礎的なところばっかりで面白くなかったり

 

でも、だんだんとできることが増えてくると楽しくなってくるんです。

 

これは仕事も同じです。

 

私は不動産営業をしていたのですが、最初に自分で契約をとれた時のことはうれしくて今でも鮮明に覚えています。

 

一方で、最初に契約がとれるまでの間は、仕事が面白いと思ったことはほとんどありません。

また、仕事で成果を出した結果、インセンティブを得ることができました。

 

仕事が面白くなくても、お金を稼ぐことができたこと自体が喜びにつながりました。

 

ここで知っていて欲しいことは、

自分が好きじゃなかったことも好きになる可能性がある。

ということです。

 

人間は常に変化していくものです。

自分が好きになる可能性があることを自ら潰してしまうのはおすすめしません。

 

先輩は他人が何故向いていないというのか。

これには様々な理由が考えられます。

 

一つ目は純粋に仕事ができなかったり、仕事で迷惑をかけられたから。

というのがあるでしょう。

 

人間って動物です。

短期的な目線で、しかも、成果でしか判断できない生き物なんです。

 

あなたのポテンシャルや、初心者は必ず失敗するということを評価上考慮することができない人が上司になる場合もあります。

こんな場合は、気にしなくて大丈夫。

 

結果さえ出せるようになれば、人間は簡単に手のひらを返します。

評価は180度変わる可能性もあります。

 

二つ目は若いあなた、仕事のできるあなた、将来性のあるあなたに嫉妬している場合です。

 

あなたにマウントをとるために言っている場合もあります。

このような時は逆に自信をもってよいでしょう。

 

あなたが先輩が嫉妬するほどにポテンシャルがある。

又は魅力的であると感じているからです。

 

二つの原因をお話しましたが、結局、人間何をやってもだれかが批判してくるものです

そんなことを真に受けて自分の行動を変えてしまうのは自分の可能性を狭めてしまう原因になります。

 

人からの話や評判は話半分に聞いて、自分で考えて本当の答えを模索していきましょう。

 

仕事ではなく、サラリーマン自体に向いていない可能性もある。

これは私が感じたことですが、そもそも仕事に向いていないというより、サラリーマンに向いていない人もいます。笑

 

私が10年サラリーマンとして働いて確信したことです。

 

判断基準を用意してみました。

  • 人生の大部分を仕事に費やすのだから、少しでもよい仕事をしたい。会社に貢献したい。
  • 上司が言っていることが誤っていたら、無視する。正しいことをして、社会に貢献したい。
  • 無能な上司に対して、社内営業をする気になれない。
  • 会社で行っている業務が無駄な仕事に思えてくる。

 

2つ以上該当していたら、あなたは会社員に向いていない可能性が高いです。笑

 

あわせて読みたい
場所を選ばないサラリーマンに適したおすすめの副業

続きを見る

 

副業を始めて、徐々にサラリーマンから離脱する道を模索してみてはいかがでしょうか。

 

向いていないという前にやるべきこと

仕事が出来るように挑戦・改善・継続を繰り返す。

仕事はひたすら挑戦・改善・継続です。

 

PDCAサイクルという言葉をご存じでしょうか。

  • P:計画(Plan)
  • D:実行(Do)
  • C:チェック(Check)
  • A:改善(Act)

 

この流れで仕事を繰り返すことで自分の仕事の能力・生産性を高めることができます。

失敗した時は、失敗した原因が何かよく考えてみましょう。

 

そして、それを改善する。又は改善するための計画を立てて実行する。

これを繰り返していけば必ず仕事ができるようになり、仕事ができるようになると稼げるようになる。

といった正のループが生じる結果、仕事が向いていないと思うことが少なくなっていく可能性が高いです。

 

あわせて読みたい
業務を超効率化し、定時になった瞬間に帰宅する方法

続きを見る

 

小さな成功をたくさん作っていく。

これは私の経験上最も重要です。

上記でPDCAサイクルを紹介しましたが、これで行うことは小さなことで構いません。

 

新卒の方であれば、次のような基本的なところでも大丈夫です。

  • 新卒の方であれば、電話応対をしっかりできるようになる。
  • 敬語を正しく使えるようになる。

 

中堅の人であればこんな感じでしょうか。

  • ノルマ達成しつつ、部下3人の予算も達成させる。
  • 業務のマニュアル化・自動化を進めて、業務効率を改善させる。

 

ほとんどの社会人は最初、電話応対すらできないというのが普通です。

ただ、10年近く就業すると、下のように中堅の人がやるようなことができるようになってくるのです。

 

同じ人間がやっていることとは思えませんよね?

でもこれが真実です。

 

上記の例は、実は私の過去に近い部分があります。

 

少しづつ、小さなことでもいいです。

 

できることを増やして成功を積み上げていくこと。

 

これが仕事では最も重要なことなのです。

 

以上のことを踏まえてわかっていただけたかとは思います。

まずは3年は嘘。

ただし、1日、2日、数カ月で適性を図ることは難しい。

ということです。

 

それでも嫌ならやめてもいい。辞める前にやるべきこと

周りの人に相談する。絶対に一人で決めない。

これは必須です。

 

親の場合は、世代が違うので話がかみ合わない!

と思う人も多いかと思います。

 

思考停止して

  • みんなきついことを頑張っている。
  • 仕事で不平不満をいうやつはダメだ。
  • 石の上にも3年。

のようなことを言ってくる可能性もあります。

 

こんなことを言われた場合は無視してOKです。

でも、現実的なことを客観的に言ってくれるのも親です。

 

参考になる部分はしっかり聞いておきましょう。

 

彼氏・彼女がいる人、親友。

みんなに一度は相談して、いろんな人の意見を聞いてみて下さい。

 

辞めるのはそのあとでも全然遅くありません。

 

同じことを繰り返さないためにも自分の適性を知ること。

私はこれをやってしまっていました。

 

何故なら、私の場合適性が全くないことでもある程度できてしまっていたからです。

特に大手企業に入社するようなレベルの高い人であれば、自分が苦手なことや、違和感のある仕事でもすぐに適応してやれてしまうでしょう。

 

これは本当によくない。

 

自分の強みを最大限に生かせる分野だけに集中すべきだからです。

 

ネットでは仕事の適性に関するサイトはたくさん転がっています。

 

 

でも、診断の内容はイマイチのものが多く、具体的なアドバイスや適性を把握できるようなものはあまりありませんでした。

 

方で、DODAの関連会社が運営しているプラットフォームミイダスには、自己診断ツールがついており、自分の適性を図る上で役立ちました。

もともとこのアプリは、転職するためのものなのですが、想定年収を表示する機能や、自己診断ツールがついています。

 

自己診断ツールの精度は高めです。

 

詳細なレポートを作成してくれ、自分の大事にしているものや職業適性を図る上で重要な情報が得られるものであると感じました。

 

以下の記事でミイダスというプラットフォームを紹介しています。

私の診断結果も載せていますので、是非参考にしてみて下さい。

 

あわせて読みたい
想定年収は本当?ミイダスの口コミ・評判の真実とうまく使うためのコツ!

続きを見る

 

 

転職エージェントに相談する。

転職エージェントに相談してみるというのも一つの手段です。

 

転職エージェントは、日頃から多くの求職者と話をし、話をしたうえで適性にあった仕事を紹介する人です。

当然経験の多いエージェントであれば、その人の適性を見抜く力を持っていると考えられます。

 

ここで一つ気を付けて欲しい点は、転職エージェントといっても

  • 自分は一度も転職したこともない。
  • ただ情報を横流しするだけ。

こんな人たちもいます。

 

もちろん、こんな担当に当たった時には変更してもらうことも可能ですが、できればそんな人に当たって無駄な時間を浪費したくはないものです。

 

こんなことがないよう、エージェントの質が一定以上のエージェントの中から2社程度利用することをお勧めします。

何故なら、2社利用することによって、未公開求人の有無や、エージェントの力量などを比較することが可能になるからです。

 

因みに、私がと過去登録してみてよかった転職エージェントは下記です。

 

 

他の中小企業のエージェントも複数活用してみましたが、いずれも情報の横流しするだけのサイトが多かった印象です。

どことはいいませんが、エージェントから転職回数について偉そうに説教を食らっただけで、特にアドバイスも求人紹介もなかったエージェントもあります。

 

若手の方には、リクルートエージェントとDODAのいずれかをおすすめしています。

いずれも利用したことがありますが、面談等の対応がきっちりしており、アドバイスもしっかり頂けます。

履歴書・職務経歴書の添削もしてもらえます。

 

なんせ私は転職を3回経験していますが、その各段階で、各エージェントの担当は変わっています。

 

ただ、この2つのエージェントは担当の質が一定でハズレが少ないです。

 

また、未公開求人なども保有しており、条件が合致するならば紹介して頂けるでしょう。

エージェントに登録する理由の一つとしては、この未公開求人の存在も大きいかもしれません。

 

さらに私は不動産専門職なのですが、ハイキャリアかつ、不動産・金融系であれば

コトラ・パソナキャリアのいずれかをおススメします。

 

まず、情報の質が高いのはいうまでもないですが、特にコトラはサポートが積極的です。

 

ただ、転職エージェントを利用する際に気を付けて頂きたいのですが、未公開求人以外の求人は各エージェントでバッティングします。

そのため、エージェントを3社以上活用するのはおすすめできません。

 

退職が気まずいなら退職代行を利用するのも手段の一つ

転職に踏み切れない人は

  • 上司が怖い。
  • 周りの人に迷惑がかかる。
  • なかなか言い出せない。

という人も多いのではないかと思います。

 

また、ブラック企業であれば

  • お前なんかどこに行っても通用しない。
  • 代わりの人間が入るまで辞めるのは認めない。

 

などど脅してくる会社もあるかもしれません。

ただ、こんなことはすべて無視してOKです。

 

法律上は猶予期間2週間で退職できます。

退職2週間前に申告すれば問題なく退職することができます。

 

退職代行業者を利用すれば、一定の料金が発生するものの精神的負荷もなく退職することが可能です。

 

退職代行業者

 

自分は正直なところ退職代行を利用したことがありません。

30代前半ですが、昨今の若手の人と違ってかなり肉食系のため、退職届などは上司に投げつけるタイプだからです。笑

 

ただ、最近の若い人たちは、繊細でシャイな人が増えているような気がしています。

 

そんな人は退職代行を利用してみるのも一つの手です。

 

有名なEXITは流石に50,000円台とお値段が高い印象です。

ただ、その他の業者は30,000円弱で利用可能な上に、いずれの業者も退職成功率は100%です。

 

辞めるという作業だけに悩んでいるんだったら退職代行サービスを利用してスパッと退職してしまいましょう。

 

評価は他人が決めるが、向いている、向いていないは自分が決めること

僕たちは勉強ができない。という漫画はご存じでしょうか?

 

この漫画では、国語が天才的に得意だけど、数学が超絶に苦手な子が数学に強くないと入れない大学を目指す。

数学が天才的に得意だけど、国語が超絶に苦手な子が国語が強くないと入れない大学を目指す。

 

といった一風変わった漫画です。

ネタばれにもなりますが、この子たちも自分の弱点を克服して、自分の道を自分で決めていきます。

 

他人からみて明らかに自分に向いていないと思うようなものでも、自分が好きなものだったら化ける可能性はあります。

 

確かに評価自体は他人が決めるものです。

でも、その他人は短期的な視点で勝手に評価しているだけです。

 

仕事に向いているか、向いていないか、人に言われて判断するのはやめましょう。

自分で適正があるかないかは自分で決めることです。

 

能力的に適性がないと思っていても好きであれば伸ばすことは十分に可能だと思います。

 

自分で考える癖をつけていくことが、現在の自分を変えるきっかけになるものと思います。

あわせて読みたい
天職とは?自分らしく生きるための天職の見つけ方と7つの考え方

続きを見る

 

人気記事転職に失敗しないコツとおすすめの転職エージェント3選

人気記事想定年収は本当?ミイダスの口コミ・評判の真実とうまく使うためのコツ!

  • この記事を書いた人

タイガ

真っ白に燃え尽きるまでやります!!!挑戦→継続→改善、挑戦→継続→改善、たまに休憩。本業(ビジネス・不動産)、副業について呟きます!!反骨の化身。不動産コンサルタント 不動産鑑定士 宅地建物取引士 不動産仲介営業→不動産鑑定会社 ロック好き、子供好き。

-転職
-

© 2020 liberty-play Powered by AFFINGER5